FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠の狐を狩れ! L.R.D.G. デザートシボレー制作記(その7)

またまた大変ご無沙汰でしたが、デザートシボレー制作記 第7弾でございます。
かなり忘却の彼方にぶっ飛んでおりますが、写真だけは残っていますので、思い出しつつダラダラ書きます。

ガンポーティーは、荷台の機関砲が旋回することと、ガンナーが搭乗することを考え、荷物を詰め込みすぎないようにします。
しかし、シュラフ等個人装備は人数分積み込まないと説得力がないと思い、3名分積み込むようにしました。
タミヤの連合軍装備品セットやイタレリのアクセサリーセットからチョイスしますが、形状が2パターン程しかないため、もう1台分のシボレーも考慮し、形状に変化をつけたいものです。
簡単な方法として、シュラフ、ザックのひも部分のモールドを削りとり、銅線で作り直してみました。
これだけで結構変化がつけられたと思います。
P1070131001.jpg
しかし、銅線は少々固く変化が付けづらかったので・・・(最初から気づけよ!)
2台目のシボレー用のシュラフ、ザックについては以前購入した鉛線を使用しました。
P1070152001.jpg P1070153001.jpg P1070154001.jpg 
断然こちらの方が表情が付けやすいのでお勧めです。

次に、SASジープに付属していた木箱をチョイスしましたが、側面の木目モールドが入ってないのが気になり、結局モールドを全て削って、エッチングソーで木目を付けたプラ板細切りを貼付けました。
P1070128001.jpg P1070129001.jpg 

お次ぎは、カモフラージュネットです。
昔買ったバーリンデンのがどこかにあったはずなのですが・・・結局見つからず、救急箱からガーゼを拝借し、適当な大きさに切ります。
そのままでは、目が細かいので、間の糸を間引いてやります・・・何だか鶴の恩返しの気分です。
P1070133001.jpg P1070141001.jpg 
鉛板の細切りをベルトにして出来上がりです。
P1070142001.jpg 
荷台には、水で薄めた木工ボンドで固定します。
P1070144001.jpg P1070145001.jpg P1070146001.jpg 
ここで、なかなか良い感じになったと自己満足します。(笑)
P1070148001.jpg P1070149001.jpg P1070150001.jpg 
その他、ヘルメットやバッグ等は吊るしてあるように鉛板でベルト部分を追加しました。

2台目のシボレーは、荷物をてんこ盛りにすることにしました。
P1070151001.jpg 

シートやバッグ類はベルト部分をリューターで削り落とします。
P1070159001.jpg P1070157001.jpg 
そして、秘密兵器ヒートペンでモールドを追加、更に鉛板のベルトと銅線で作ったバックルを追加してやります。
P1070158001.jpg P1070160001.jpg P1070176001.jpg 

荷物の容積を稼ぐため、大きめの木箱を作る事にしました。
スタイロフォームを適当な大きさに切り出し、ちょっと歪んでいるところは、手でつぶして修正します。
P1070161001.jpg 
これに、エッチングソーで木目モールドを入れたプラ板細切りを接着。接着はプラ用だとスタイロフォームが溶けるので、瞬間接着剤を使用しました。(でも溶けましたけど・・・汗)
P1070162001.jpg P1070163001.jpg P1070164001.jpg 
ちょっとラフな木箱の出来上がりです。

バケツもちょっと手を加えました。
フチを薄く削った後、持ち手の付け根にプラ板細切りを接着し、リューターで丸くしてから、ピンバイスで穴をあけ、銅線の持ち手を取り付けました。
P1070170001.jpg P1070171001.jpg P1070172001.jpg 

ちょっと精密感が出るかなと思い、エッチング製のツールボックスも作ってみました。
P1070177.jpg P1070182.jpg P1070183.jpg 

色々積み込んで、2台目のシボレー組み立て完了です。
P1070189.jpg P1070190.jpg P1070191.jpg 
ここでも、良くできたと自己満足に浸ります(笑)

製作中の机の上・・・・P1070125001.jpg 作業が進むにつれ、スペースがどんどんなくなります。
いつも同じ事の繰り返しで、整理整頓ができない私です・・・・(汗)

さてお次ぎは、やっと塗装ですが、更新がいつになるやら・・・・マイペース、マイペース(汗)
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

A Matsushima

Author:A Matsushima
小さい時から親しんできたプラモデル。
結婚を期に遠ざかっていましたが、ちょっとしたきっかけでプラモ熱が再燃し、出戻りモデラーの道をまっしぐら!
出戻り歴10年のおっさんモデラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
見てくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。